« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月13日 (土)

答え

やっと自分の進路に答えがはっきり出た。
俺、やっぱし大学院に進学するよ。
別に研究がやりたいわけでもない。
就職に失敗したわけでもない。
ただ、自分が選んだ学問に関してどこまでも勉強したいだけ。
そして、なにより自分自身の市場価値を高めるため。
俺が専攻している学問はまだ最近出来たばっかりで、修士の学位を持っている人は日本に200人といないんじゃないのかな?
そしてdocterの学位を持ってる人はもっと少ない。
むしろ、存在しているのかな?
そんな中で自分がmasterの学位を得ることが出来たらなんて素晴らしいことだろうって思えた。
働きはじめて1、2年様子を見てから進学するかしないかを決めれば?って言われたこともあったけど、時計の針は戻すことは出来ないからチャンスがあるうちに掴みにいこうって思った。
何より俺の性格上、ここで進学することを諦めたらものすごく後悔すると思うから、やるだけやってみようと思う。
でもね、親に相談したら猛反対。
まあ、お金がないんでしょうね。
弟は今年受験生ですし。
そして自分が就職決まって、これから収入を得る立場になると思いきや、また2年間学校に通うなんて夢にも思ってなかっただろうから。
子供の自分の立場から言うと、子供が学校に通いたいって言ったら親はどんな事してでも行かせるべきだと思うんだよね。
それだけの責任が負えないんだったら、子供を生む資格がないと思うし。
もし、ここで俺が進学したい気持ちをお金がないっていう理由だけでガマンするような事になってしまったら、将来自分の子供にも同じようなことをしてしまうような気がするから進学を決意した。
2年間で300万という学費。
決して安くはない。
そして卒業を迎えたら性格上、docterに進むって言うんだろうなぁ…
いくらかかるんだろう…
でも、車や家は10年後でも20年後でも買えるけど学位を得るチャンスは今しかないと思う。
だから、30年後の自分自身が誇りを持てるようにchallengeを決意したよ。
しかし、今の心配は学費です。
修士課程なら今借りてる奨学金の団体なら、月額88000円借りれるらしいんだけど最初の振込みで入学金と半年の授業料合わせて900000円。
もちろん一括です。
そして、そんな金持ってないです。
今からバイト三昧になるでしょう。
もし、3月までに用意できなきゃ諦める?
そんな性格ではございません。
お金を借りれるとこから借りれるだけ借ります。
4月からは月額88000円手に入るからそこから返済していけばいいし。
でも、ハードルは学費だけではなくて担当教授の許可が下りるかが不安。
お金を揃えても、先生がNOと言ってしまえばそれまでですから。
でも、経済面で苦しいから働きながら勉強するって言えばわかってくれると思う。
先生だって人間だから。
あとは会社です。
会社からも許可が下りなければダメっすよね。
でも、今修士2年に同じ会社の人いるし前例があるから何とかなると思います。
夢が叶うか以前にchallengeすら出来るかわからないけど、出来るか出来ないかなんて議論してても始まらない。
やるかやらないか。
人生は結局そこに尽きる。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年5月 9日 (火)

不安

GWも終わってしまい、就活も終わった。
残された重要な出来事と言えば、研究ですよね?
でもね、俺他大に行ってはいるものの何もしてません。
ぶっちゃけ卒業できるかも不安です。
違う研究室の方々は毎日実験、研究だのミーティングだの言っててめちゃんこ不安です。
一応、研究で使う実験装置は自由に使わせてもらえるんだけど説明書渡されて放置…
オシロスコープのようにカチャカチャとはいきません。
だって、研究テーマがもろ畑違いなんだもん。
医療系の研究室に行った連中が説明書だけ渡されて放置されているような状態なんすよ?
そんなで研究なんかできないっしょ?
毎日が苦痛だわ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 4日 (木)

就活の法則

ども。
就活も終わってしまい、のんびりしている今日この頃です。
今年は、好景気と団塊の世代の退職が重なり、どの会社も軒並み採用数が増えて学生にはありがたい状況ですね。
でも、最近幼なじみに会って就活の話をしたんですがぞっとしました…
どうやら5、60社受けてまだ1社も内定もらえてないとのこと。
ちなみに幼なじみはMARCHなので学校名だけで勝負するなら俺よりもはるか上。
どんなESなのか、面接でどんなこと言ってるのか聞いてみたら案の上って感じでしたよ。
まず、会社選び。
とりあえず知名度がある会社を中心に受けてる感じでした。
業界がバラバラ…
これじゃ、志望動機もブレるし、うわべだけの志望動機にしかならいから少し突っ込まれると何も言えなくなるでしょ。
まあ、人間である以上、大手志向は仕方のないことだと思います。
でも、自分が志望する業界くらい絞ろうぜと思いました。
そして、面接で必ず言う言葉はコミュニケーション能力とリーダーシップだそうです。
はっきり言って、コミュニケーション能力があるかないかは面接官が判断することで自分で言うことじゃないだろって思いました。
そして、リーダーシップ。
これ、落ちる人がみんな出すキーワードだと思います。
面接本見すぎです。
みんながリーダーだったらチームの意味がないもん。
そして、挙句の果てにこの俺にそっちは理系だから決まったんだよと言い放ちやがりました。
文系でも、内定もらってる友達いっぱいいるし、理系しか内定もらえなかったら文系の学校誰も行かないだろって思いました。
そして、何より自分で大学と学部決めて入学したんだろ!!とキレそうになりました。
落ち続ける人の共通点は、落ちたらその会社には縁がなかったと決め付け何の反省もしないこと。
もちろん、縁がないこともあるけど何社も受けて落ち続けるって事はなにか根本的な原因がるあるということ。
そりゃ、誰でも失敗したり挫折を味わったら現実逃避したくなる気持ちはわかるのだが、そこで逃げたら同じ失敗を繰り返すだけよ。
これは就活だけじゃなくて、日常生活や人生のすべてにおいて言えることだと思います。
いい加減そういうことに気づいて欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »